自作クーラントリザーバーでジャーマンストリートファイター風

D-TRACKER

ぶちこけました(笑)

山を走っている時に石に前輪を取られて大クラッシュ。なぜだかリザーバータンクにヒビが入り、クーラントが漏れ始めてしまっていたのです。

純正部品を取り寄せようにもカワサキまで100km以上。そこまでDトラッカーに乗ってオーバーヒートしても嫌なので、自作することにしました。

 

ジャーマンストリートファイター風にスケルトンタンクを付ける

最近心を釘付けにされたジャーマンストリートファイターというジャンル。何しろかっこいいのです。

日本にも専門店があるようで、たくさんパーツを作っているのですが、残念ながら日本から輸入となるとハードルが高いのでこのお店を参考にします。

バグブロドットコムさんという超かっこいいパーツを販売しているサイトの写真です。

そう、こういうのをしたいのですが、海外発送はしてくれないだろうなと自作することにしました。

自作にあたってどうしても必要なのがこの透明な筒です。

どこにでもありそうな形状ですがなかなか見つからず、似たようなものはないか探しているとPC用のリザーバータンクを見つけました。

YouN 160 X 50 mmタンクG1/4スレッドシリンダーリザーバータンク(PC水冷用)

1300円程度で購入できますのでお手頃。あとはチューブに取り付けるためのコネクタも注文します。

PCS PC水冷用ツータッチ 継手G1 / 4チューブ用チューブコネクタ 水冷システムキット 6個(9mm )

心配なのはあくまでPC用ですので、漏れないかという事と耐久性です。

 

いざ取り付け、全く問題なかった

純正のリザーバータンクを取り外し、ホースを前に持っていきます。

 

ラジエターの近くに配置しようと思ったのですが、熱が怖かったのでフレームに取り付けました。

金具で固定しようと思ったのですが、結束バンドで十分可能でした。

 

漏れも全くありませんし、試しに沸騰するまでクーラントを熱してみたのですが異常なし。筒自体の強度もかなりあるので、転倒しても割れることは無いんじゃないかと思います。

心配な方はシール処理をすると良いと思います。

取り付けてわかったのですが、ゴポゴポ泡が見える事やクーラントの残存量が一目でわかってかなり満足です。

トータル2000円ちょっとでスケルトンリザーバータンクを作ることができました。